道路交通法改正

おはようございます。サイト担当の櫻井です。

本日は道路交通法の改正によって、厳罰化された携帯電話使用等について説明させていただきます。

”使用し交通の危険があった場合(以後パターンAとします)”と、”使用し所持していた場合(以後パターンBとします)”とで、罰金などはことなるので分けてご説明いたします。
なお普通自動車の場合でご説明いたします。


パターンAの場合
罰則:3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金⇒1年以下の懲役または30万円以下へ。
反則金:9000円⇒全車種が強制的に罰則
基礎点数(違反点数):2点⇒6点へ。

ちなみに6点というのは一発免停です。
パターンAの交通の危険とは、携帯電話の所持が事故などの原因になってしまった場合を言います。


パターンBの場合
罰則:5万円以下の罰金⇒6か月以下の懲役または10万円以下の罰金へ。
反則金:6000円の罰金⇒18000円の罰金へ。
違反点数:1点⇒3点へ。


なお罰則と反則金の違いは
罰則:重大な過失(違反点数6以上の違反)の場合に適応される制度
反則金:それ以外の軽微な違反
と定義されており、反則金が適応される際に罰則はございません。


では、お気をつけて行ってらっしゃいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA