四輪駆動車(4WD)について。

おはようございます。サイト担当の櫻井です。

本日は四輪駆動車=4WDの説明をしようと思います。
(以後4WDとします。)

4WDは1805年にオリバー・エバンスという方が発明したそうです。
(wiki調べ)

4WDとは、タイヤ四輪がすべて駆動力を持ち、スタッグ(溝に落ちてしまったり、何らかの原因でタイヤが空転してしまうこと)しても、踏ん張れるタイヤに力を分配して、抜け出すことができる駆動方式です。
雪山でも安心ですね!

また、力を分配できるので、坂道や加速時などの後輪の駆動力がほしい時にも力を分配できるので、走行性能が高いです。

しかし欠点としては、燃費が少し悪くなってしまいます…。

また、4WDには二種類ありまして、パートタイム4WD、フルタイム4WDがあります。

全部知ってるよ!という方も、またご覧いただけると幸いです。

では、お気をつけて行ってらっしゃいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA